MENU

おならが臭いのには理由があった!!

当サイトではおならの臭いを消すサプリメントについて紹介します。
もし、おならの臭いが気になる方は参考にしてくださいね!!

 

おならが臭いのはある理由があります。

 

その理由とは、、、

 

腸内環境が乱れていることです。

 

腸内には細菌が活動しています。

 

代表的な細菌は善玉菌と悪玉菌と日和菌の3種類です。

 

食生活や生活習慣が乱れて悪玉菌が多く腸内の環境が乱れるとおならが臭くなります。

 

つまり、おならの臭いを消すためには腸内環境を整えることが重要になります。

 

悪玉菌を減らし善玉菌を増やすには、、、

 

乳酸菌のサプリメントがおすすめす。

 

手軽に摂取でき保管も携帯も簡単です。

 

人気の乳酸菌サプリをランキングにしました!!

 

 
腸内までしっかり届ける!!生命の乳酸菌の特徴

生命の乳酸菌の特徴は、、、

  • 熱に強い7種類の乳酸菌を配合
  • コーティングカプセルを使い腸まで届く
  • 1粒で乳酸菌が約346億個も摂取できる
  • 乳酸菌のエサとなる食物繊維も含まれている

価格 3300円
評価 評価5
備考 定期で申し込むと初回が2800円安くなる、2回目以降は10%OFF
腸内までしっかり届ける!!生命の乳酸菌の総評

生命の乳酸菌は腸内で乳酸菌がうまく働くように工夫されているサプリメントです。

まず、熱に強い乳酸菌が7種類も配合されています。
(キムチ乳酸菌、耐熱性ラブレ菌、ナノ乳酸菌、ラクリス菌、EC-12菌、K-1乳酸菌、耐熱性ビフィズス菌)

この7つの乳酸菌は日本人と相性がよくしっかりと働いてくれます。

定期コースに申し込むと初回が定価より2800円も安い500円で注文できるもの魅力的です また、胃酸で溶けないように特殊なカプセルを使用ししっかりと腸内まで届けてくれます。

 
おならの悩みに強い乳酸菌!!ライラック乳酸菌の特徴

ライラック乳酸菌の特徴は、、、

  • 2粒で1億個の乳酸菌が含まれている
  • 熱に強い植物性乳酸菌を使用している
  • おからを原料にしたカプセルで腸まで届けることができる
  • 保存料や香料など余分な成分は含まれていない

価格 4536円
評価 評価4
備考 定期だと初回が78%OFFの980円、送料無料、2回目以降は17%、特典あり
おならの悩みに強い乳酸菌!!ライラック乳酸菌の総評

ライラック乳酸菌は有胞子性乳酸菌の中でも熱に強い乳酸菌です。
菌の栄養となるおからをカプセルにしてあるので胃酸や熱で消滅することなく腸まで届けることが可能なんです。

特典ではウンチの健康度を確認できるチャート&チェックシートがあるのでうまく活用したいですね!!

 
ビフィズス菌BB536を配合!!ビフィリゴ10000の特徴

ビフィリゴ10000の特徴は、、、

  • ビフィズス菌BB536 20億個
  • 乳酸菌EC-12 1兆個
  • ビフィズス菌を増やすオリゴ糖が配合
  • アジア ゴールデンスターアワード受賞!!
  • 製造工場がGMP基準認定、HACCP、有機JAS認定の資格保有工場で作っている
  • 放射能検査済みなので安心
  • 消費者庁に機能性表示食品の届出してある

価格 6000円
評価 評価3
備考 定期購入で初回が990円で買える、送料無料、特典あり
ビフィズス菌BB536を配合!!ビフィリゴ10000の総評

ビフィリゴ10000は乳酸菌の質と量が魅力的なサプリメントです。 公式サイトでは臨床試験の結果が掲載されており腸内のビフィズス菌が34%も増加したそうです。 国内の工場で徹底した管理で製造しているので安心できます。 申し込むときは安く購入できる定期だと初回が990円で2回目以降は最大で30%OFFで注文することが可能です。

 

おならのにおいの原因は?

おならのにおいが臭くなる原因はほんのわずかな成分です。

 

おならのもととなる空気は無臭なのですが、それが口から入りおならとして排出されるまでににおいの元が付加されてしまうのです。

 

おならの成分としては窒素や酸素、二酸化炭素、水素、メタンなど無臭のガスが99%を占めますが、残る1%が臭いのです。

 

それは硫化水素。

 

あの卵がくさったような刺激臭を持つ気体で、微量でも目などの粘膜を刺激する毒ガスです。

 

おならがくさくなる理由とは?

そんな危険な毒ガスがどうしてお腹の中にあるのでしょう。

 

これは人間の腸の中に、とくに大腸に多く存在する嫌気性(酸素がない状態で繁殖する)の細菌が、食品に含まれているアミノ酸の一部に含まれる硫黄(S)を使います。

 

活動した結果、硫化水素(H2S)が発生するからです。

 

生後間もない赤ちゃんのおならはそれほど臭くないけれど、数ヶ月たち、色々なものを口にするにつれ、りっぱににおいを発するようになっていくのです。

 

また糖類や食物繊維から出る発酵型、たんぱく質から出る腐敗型なんていう区別もされていて、文字通り、腐敗型のガスが臭い、と言われています。

 

おならで恥ずかしくならない対策は?

水を1リットル飲むと同時に1.7リットル程度の空気が一緒に胃に入るという調査結果があります。

 

そしてその一部が口からげっぷとして出る以外はすべて水や食べ物と一緒に腸へ移動し肛門から出て行くしかないのです。

 

よって、おならが出るのは仕方がないのですが、早食いをするとどうしても空気も入りやすくおならは多くなります。

 

豆類やイモ類などの食物繊維を多く含む食品は健康にはよさそうですが、おならの覚悟して食べましょう。

 

また肉や卵など動物性たんぱく質や硫黄分の多い玉ねぎ、にんにくなどは臭いにおいの元になるので、適量摂取を心がけると良いかもしれません。

 

臭いおならと病気の関係は?

早食いや一気飲みなどを日常としていたり神経質だったりすると、気づかない内に大量の空気を吸い込み、空気が胃腸にたまってしまいます。

 

呑気症(空気嚥下症)の症状が出ることがあります。

 

また慢性胃炎や過敏性腸症候群、大腸がんなどやはり胃から下の消化器系に異常が出てくる場合におならが臭くなることが多いようです。

 

そしておならをがまんすることで大腸の動きが鈍くなり便通が滞って便秘の原因にもなります。

 

当然その間に細菌活動が進むのでにおいも増強されます。

 

しかも、体内にたまったおならは大量の活性酸素を生み出すので、体を内側から老化させる要因ともなってしまいます。

 

最後のまとめ

一口におならといってもとても奥が深いですね。

 

今日も私たちの腸内では様々な細菌ががんばって食べ物を分解してくれています。

 

早食いや一気飲みを避け、たんぱく質をえさにする悪玉菌が増えすぎないようにしましょう。

 

そのためには、糖分や食物繊維でエネルギーを得る善玉菌とバランスよく腸内環境を整えて、健康的なにおいのおならを心がけたいですね。